PayBankとは?

PayBankとは

PayBank(ペイバンク)とは、
ブロックチェーンと銀行口座に紐付いた
デビットカードを融合
したグローバルなウォレットサービスです。
仮想通貨はビットコイン、法定通貨は円やドルなど、
様々な通貨の送金や受取が可能です。

ショッピングや知人への送金はもちろん、ATMを使った現金引き出し時の
手数料も安いため、仮想通貨取引時の所得税と比べると大きな節税効果が期待できます。

PayBankでできること

ロゴ1

世界中のATMで
現金を出金

ラオス最大手の民間銀行・JDB銀行と紐付いたデビットカードを用いて、全世界のATMから現金を出金することができます。
USドルから日本円への両替も自動のため、面倒な手続きも必要ありません。
※利用時点のレートが適用されます

ロゴ2

VISA加盟店で
ショッピングができる

PayBankウォレットへ預け入れた資金を世界中のVISA提携店舗でショッピングに利用することができます。
通常のデビットカードと同様、ネットショッピングでも実店舗でもお使いいただけます。

ロゴ3

簡単に知人へ
送金できる

PayBank口座間の送金は瞬時に行われます。
PayBank加盟店への送金や、遠く離れた友人へも一瞬で送金が完了します。

PayBankとは?

口座開設のボタン

よくある仮想通貨出金サービスの違い

最近「仮想通貨を出金できるデビットカード」と謳いながらも
実態はデビットカードではなく「プリペイドカード」で、
カードが届いたのに使用ができなくなるという被害が増えています。
PayBankカードは、銀行が発行する”本物のデビットカード”のため安心です。

ラオス最大手のJDB銀行と
提携している

PayBankはラオスの民間最大手の
インターナショナルバンク・JDB銀行と
提携しています。
JDB銀行のラオスにおける立ち位置は、
日本でいえば財閥系銀行クラスのため、
安定性が非常に高い
といえます。

違いの画像1
違いの画像2

プリペイドではなくデビッド

PayBankは資金をチャージする形態の
プリペイドカードとは異なり、
銀行口座に紐付くデビットカードです。
そもそもプリペイドカードを使って仮想通貨を
引き出すことは日本国内で違法ですが、
PayBankは安心して引き出しが可能です。
(コンビニATMで一日200万円まで)

決済会社が
仮想通貨決済の最大手

PayBankは、BINANCEやOKEX、
BITFINEXなど大手取引所を含む
150以上の交換業者が決済手段として
使用するSimplexと提携
しているため、
安心安全なクレジット決済をすることが
可能です。

違いの画像3

仮想通貨を現金で出金する場合

本当にコンビニATMで引き出せるのか?

口座開設のボタン

PayBankの魅力

大幅な節税ができる

ラオスは日本との間に租税条約を締結していないため、PayBankを活用することで大幅な節税をすることができます。

PayBankの魅力のイメージ画像1
PayBankの魅力のイメージ画像2

唯一の銀行発行
デビットカードである

銀行が発行するデビットカードとしてはPayBankカードが唯一のものです。(2020年12月現在)JDB銀行の普通預金口座に紐付く通常のデビットカードのため、プリペイドカード使用時のようなリスクがありません。

カード発行手数料が
たったの500ドル

日本国内にいながらカードが発行でき、
カード発行手数料もたったの500ドル。300ドルのデポジット入金も、カードが届き次第すぐに出金することができます。(一年後に残高が100ドル以下の場合、自動的に口座解約)

PayBankの魅力のイメージ画像3

登録方法動画解説

口座開設のボタン

PayBankとは?

口座開設のボタン